読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伍流の思考

- ごりゅうのしこう -

人物評007:出口治明

出口治明さんは日本最初のネット生保『ライフネット生命』の創業者として知られています。創業した当初から注目され『講演や書籍出版など』・・・幅広く活躍しています。大手の生命保険会社に長年在籍しているということで『固定観念にとらわれがち』になりそうなものですが、出口さんは『柔軟な思考』ができる特異な人だと思います。それがネット生保を創業することにつながっているのだろうと思います。

 

 

個人投資家でもあるボクから見ると『ライフネット生命』は『投資はしたくないが応援したくなる会社』ですね。あたらしいチャレンジをする会社というのは『業界に変化をもたらす』のですが、その側面では『ハイリスク(の割に)ローリターン』だからです。でもネット生保の誕生と共に『選択肢が増え、多くの人が生保の出費を減らせた』のは事実だと思います。

 

著書『生命保険はだれのものか』では『生保業界の問題点など』が指摘されています。まぁ実際のところ『業界の問題点を指摘しつつ、少しボジショントーク??』のような感じがしないでもありませんが、知り合いに言われるままに生保に加入してしまった人とかは読んでみるのもいいと思います。

 
ボク個人としては『生命保険には入っていません』・・・ボク個人を会社として見立て、生命保険を『リスクヘッジや投資対象』として考えた時に『不要(あまり魅力がない)』と感じたからです。またその話は別の機会に??

 
出口さんは『かなりの読書家』として知られ、一般の人にマネをするのは難しいかもしれません(ボクも無理)・・・ですが彼のような人の著書を読むことで『思考法を参考にしたり、人生を考えなおすキッカケにしたり』できるように思います。


さてライフネット生命としては彼と現社長の岩瀬大輔さんの2枚看板で頑張っていますが、優秀な人が経営したから儲かるワケではない。というのが商売の難しいところだと思います。2人とも投資家からの風当たりはますます強くなりそうで少し心配・・・。個人的には『投資家の損失』は『運が悪かった』か『投資家の見る目がなかった』のどっちかしかないと思うので、彼らに文句を言うのも(仕方ないとは思うものの)何か違うって思います。


今後の活躍を期待しています。


「思考軸」をつくれ-あの人が「瞬時の判断」を誤らない理由

「思考軸」をつくれ-あの人が「瞬時の判断」を誤らない理由

 
ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!

ライフネット生命社長の常識破りの思考法 ビジネスマンは「旅」と「読書」で学びなさい!

 
生命保険はだれのものか―消費者が知るべきこと、業界が正すべきこと

生命保険はだれのものか―消費者が知るべきこと、業界が正すべきこと