読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伍流の思考

- ごりゅうのしこう -

REVIEW

人物評008:西村博之

ネットをよくする人で知らない人はいないのじゃないか。巨大掲示板2chを作った『ひろゆき』さんです。この人の『頭が良さ』は有名なのですが中でも『常識にとらわれない自由な発想』と『論理的で普通の人にも分かりやすく話せる』って部分が支持されているの…

シン・ゴジラの考察

昨日マニラにあるSM CINEMAで映画「シン・ゴジラ」を見てきた。フィリピンだから200ペソくらいだろうと思っていたらそのモールは金持ちむけらしく映画館の座席はすべてフカフカの自動リクライニングシートで全部で50席ほどしかない。410ペソしました。流石に…

人物評007:出口治明

出口治明さんは日本最初のネット生保『ライフネット生命』の創業者として知られています。創業した当初から注目され『講演や書籍出版など』・・・幅広く活躍しています。大手の生命保険会社に長年在籍しているということで『固定観念にとらわれがち』になり…

人物評006:成毛眞

成毛眞さんのイメージは『大人げない大人』・・・これは著書の1冊から来るイメージだが、自分のスタイルを大切にする人で『著書にも尖った意見が多い』・・・実は『その尖った所』とか『偏った考え方』は読む人に『新鮮な刺激を与えてくれる』・・・そして…

人物評005:有川浩

有川浩さんの本を読んだのは図書館の司書さんの勧めからでした。 まだ20代だったころかな・。図書館に行っては大量の本を借りていた時期がありました。一時期には年400冊の本を読んでいましたが、そのほとんどが『ビジネス関係』や『自己啓発』の類。『コン…

人物評004:苫米地英人

苫米地英人さんを知ったキッカケは忘れてしまいましたが一言で表すなら『変人的な天才』でしょうか。そもそも『天才と変人は紙一重』といいますが自らの優秀さを堂々と公言していることに清々しさすら感じます。

人物評003:魚柄仁之助

魚柄仁之助さんは『知る人ぞ知る』といった人かもしれません。料理研究家の中でも派手な感じではなくシンプルで合理的にレイアウトされたキッチン、そして『干し野菜』や『発酵食品』など『昔からの知恵』を活かしている。『自然に調和するような生き方』を…

人物評002:島田紳助

島田紳助さんはタレントとして有名なので『どんな人なのか?』をあえて説明する必要はないと思います。人気タレントで情にもろく喧嘩っ早いイメージを持っている人は多いと思います。ボクは人気番組(『行列のできる法律相談所』やら『クイズヘキサゴン』やら…

人物評001:岡田斗司夫

岡田斗司夫さんのことは以前から『知ってはいました』・・・『太ったオタクの評論家』そしてその後は『レコーディングダイエットで有名になった人』・・・でもどちらイメージも『強い印象』としては残っていなかった。おそらくボクの兄はオタクの分類に入る…