読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伍流の思考

- ごりゅうのしこう -

海外生活と国民健康保険

僕はフィリピン在住でたまに近隣諸国を旅したり日本に帰省するライフスタイル。いちおう年の5/4くらいはフィリピンにいると思う。『海外在住者にとって悩ましいのが医療』・・・今回は『海外在住者と国民健康保険(国保)』について考察してみたいと思う。


目次としては4つ。

◆国保は日本在住者のみ(住民税と年金がセット)

◆国保は海外でも使えるが・・・面倒。

◆国保がない時は20割負担。

◆国保は税金。所得割があるのは不合理。

◆海外在住者の国保利用の不公平(活用)

※なお僕の認識なので事実関係は各自で確認してほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

◆国保は日本在住者のみ(住民税と年金がセット)


『国民健康保険(以下国保)』は日本在住者のみが入れる。住民票があればOKだが転出届を出していれば住民税も年金も国保もまとめて離脱することになる。海外では別の医療保険に入ったりすること多く『海外との行き来をする人は2重で入るか?』の選択をすることとなる。

僕のように『国民年金は出来れば自分で運用したい』という人も国保に入るなら年金にも加入しておく必要がある。

 

◆国保は海外でも使えるが・・・面倒。

 

国保は海外でも使えるように法改正されたものの割に手間がかかり一般市民がそれをクリアするのは少し大変だと思う。まず現地の医師にも『どういった治療をしたか』を書いてもらう必要があるだろうし、翻訳も必要となる。英語ならまだしもタイ語や中国語など翻訳者を見つけるのは手間だろう。

また日本の医療制度が基準になるので、医療費の安い国では大きな病気の時は活用するのもいいが通常の病気の場合は『手間に見合うとは思えない』・・・額が少ない場合は『その支払った額の3割』といった具合になるから。

逆にアメリカのように医療費の高い国の場合は日本の医療費が基準になるので多くは賄えない可能性が高い。別途保険に入る必要がありそう。


それら一般市民には活用が難しく、保険を扱っている企業が法人向けに『海外保険と健康保険の申請などを組み合わせたサービス』を提供している。
 
支給基準については『合理的』だと思うが、英語(できれば中国語なども)については国保側が対応し『翻訳の添付(翻訳者の署名なども含む)は不要にすべき』だと思う。



◆国保がない時は20割負担。


僕は国保から抜けて4年くらいたつ。フィリピンでも病院にはいくのだが自分で病気について調べあれこれ聞くには『日本人の医師でないと難しい』と思い。一時帰国の際に病院に行こうと考えた。

僕は『10割負担はやむを得ない』と考えていたが病院の受付で聞いてビックリ。国保に入っていない患者は『自由診療となり当病院は200%です』と言われた。つまり国保(3割負担)で300円払う人が、1000円ではなく2000円を払う必要があるということ。もちろん毎月の保険料を払っていないのだから1000円は覚悟できるが、2000円となると7倍弱の支払いとなる・・・ましてや検査やら手術を考えると恐ろしい。


◆国保は税金。所得割があるのは不合理。


さて話はすこしズレて国保の本質的な話をしたい。国保は国民健康保険とは言うものの実のところ『純粋な保険ではない』・・・・保険は病気になりやすい人の方が掛け金が高くなる。例えば医療保険などは年寄りの方が高い。それが保険というもの。

だが国保は『税金の側面がある』・・・現に国保税という言い方をする。実体は『保険+税金』であり、国民に広く健康になってもらう為に不公平がある。例えば専業主婦など扶養に入っていると保険料はほとんど免除されているような状態になる。独身2人と夫婦(2人)は数の上では2人なので年令やら他の条件が同じなら合計は同じにならないといけない(保険なら)

そのあたり国策というものなので一概に悪いとは言わないが、僕はシンプルにしてほしいと思う。特に『国保に所得割があるのは不合理』だと考えている。お金持ちが病気になりやすいワケでもないし『富の再配分などは所得税でするのが筋』だと思う。



 ◆海外在住者の国保利用の不公平

さきに述べたように国保は『純粋な保険ではない』・・・保険なら『病気になってから加入することは出来ない』のだが、国保はそれが裏技的に出来てしまう。そこは制度として難しい部分なのだが、例えば国保から離脱して海外で生活をしている人がガンや腎臓病になった。『それなら日本に戻り国保で療養しよう』という事になる場合は『健康なのに毎月保険料を払っている日本在住の人』から見れば不公平な話だろう。

もちろん海外生活をしていて現地での保険や税金などの支払いと2重になるのも痛い話だし、海外では国保があっても実際には活用できないので、国保に入り続けていてお金を払い続けていてもメリットの方が少ない。

悩ましいことに海外在住者が一時帰国した場合に『保険がなく病院に行きづらくなっている』のが現状だと思う。僕は海外在住する日本人も多い現代においては合理的な新たな国保制度を作るべきだと考えている。

次回(国保改革私案)につづく。

 

 

 

 

シン・ゴジラの考察

昨日マニラにあるSM CINEMAで映画「シン・ゴジラ」を見てきた。フィリピンだから200ペソくらいだろうと思っていたらそのモールは金持ちむけらしく映画館の座席はすべてフカフカの自動リクライニングシートで全部で50席ほどしかない。410ペソしました。流石に格差の国だと思った。

さて今回はそのシン・ゴジラを考えてみたい。もちろんネタバレを含んでしまうのでそれが嫌な人は読まないで下さいな。また感想は他でもよく書かれているモノは少なめに独自??の考察を中心に書いていきます。千差万別で個人的なものなのでコメントを下さる時はそのつもりでお手柔らかにお願いします。


A:どこまでリアリティーを追求するのか。

映画においてリアリティーをあえて削る事はある。例えばこの映画では前半の官僚や政治家の機器対応や組織の弊害などが丹念に取材され作りこまれていた。これは前評判の通りだった。逆に後半などは少しご都合主義とも指摘されるほど作戦のコンボが炸裂した。これはエンターテイメント性を重視したように感じた。


B:ヤシオリ作戦は戦略としてどうか?

例えば映画の中でゴジラの体内に『特殊な液体を注入し凍結させる』という作戦がある。『どうやって注入するのか?』は大きな課題だと感じた。実際にはゴジラを転倒させ口から注入するワケなのだが・・・。

 b-1:転倒させること自体が難しい(以前に足を集中砲火してびくともしなかった)

 b-2:電車の爆弾計画:電車にありったけの爆薬を詰めてぶつけるなど線路沿いにいる必要がある。

 b-3:ビルの発破計画:あの時点で近寄ることで反撃されるリスクは高かったのでは??(偵察用ドローンが撃墜されている)・・・発破の準備はどうしたのだろう??

 b-4:体位をいれかえるリスク:仮にゴジラが転倒したとして、口にストローを突っ込んで、スグに体位を入れ替えられるリスクは高かったのでは??と思う。

 b-5:液体を飲み込まないとか吐き出されるリスク:ホースで口の中に液体を放水されたとして、体内に入れずに口の周りに流れてしまう可能性も高かったのでは??と思う。また吐き出される可能性もあったかな・・。

 
 b-6:ゴジラが強力な攻撃を続けることでエネルギー切れをおこし活動を再開するのは360時間と推定されていたが・・フル充電で活動を再開するとは限らない。むしろそちらを前提に作戦を練るべきでは??現に休止中に攻撃をしたらゴジラは反撃している。場所を少し移動する可能性はあった。

・・・・そうやって考えると難易度はけっこう高かったように思う。前半が想定外のゴジラを演出していた割に後半は想定内のゴジラでもそこまで都合よくいくか??という疑問は感じてしまう。



C:他に案はなかったのか??

作戦を立案する時点いくつかの事が推測されていた。『1:ゴジラは強力な攻撃をする事でエネルギーを消費し『ガス欠』をおこすらしい』『2:近くを飛行するものを迎撃する』『3:米軍の爆弾で出血が見られた』そこで無人爆撃機をドンドンと飛ばして消耗させるような戦略をとったワケだけど・・・・。

 c-1:その後に、より大きな『中距離ミサイル』を断続的に打ち込むって戦略はありではなかったのか?って思う。米軍のモノより大きく、なおかつ無人爆撃機などと併用すれば絶えずエネルギーを使わせつつ何発かは命中させられるのでは??

  c-2:またミサイルを爆発するようなタイプでなく先端を硬質で尖らせた貫通タイプにして装甲が剥がれた部分を集中的に攻撃して前述の液体を注射するような試みもありだったかもしれない。この手の作戦はいくつか併用しうるものかなって思う。

 c-3:とりあえずゴジラの装甲の推定強度などの分析はあっても良かったのかも??でないと原子爆弾といえど直撃前に迎撃されるか、離れた場所での爆発なら致命傷を与えられない可能性もあったように思う。

 d-4:装甲が固いってことを前提に、爆発を目的にせず粘着液の入ったミサイルを打ち込み動きを鈍らせるとか、(液体注入ではなく)液体窒素を浴びせ続けるといった方法も試してみても良かったかも?? 少なくとも被害を食い止めるという意味において『足止め』がまず大事かな・・・って思いました。

(もちろん僕の素人的な考えもあると思います。やさしくご指摘ください)


その上で僕が考えるのは・・・いろんな意味を持たせるには(福島原発の冷却との対比など) あえて他の作戦をなくしたのだろうと思った。それはそれで映画として良かったと思うし、こんな風に『自分ならどうする?』といった考察をそれぞれが出来る部分がこの映画の面白い所だと思う。


D:石原さとみの役柄について

彼女の英語力を酷評する人達もいる。もしくは配役自体に無理があるのでは??という意見もある。僕はそれはそれで意見としてもっともだと思うが、僕の推測では

 d-1:『スポンサーがらみの配役だったのでは??』って思う。彼女は英会話学校のCMキャラクターを務めている。また英語力については大多数の日本人には『その発音がネイティブとして自然なのかまでは分からない』・・・個人的には与えられた役柄に女優魂で精一杯こたえたと思う。

 映画というのは多くのスポンサーがあってなりたつ。テレビドラマにしてもコカ・コーラがスポンサーをしていて『清涼飲料水を体に悪い砂糖水』なんて表現は仮に原作にあったとしてもカットされる。


E:2回目の上陸は想定して動くべきだったかと

これも映画の中でそうなっていない以上は『そういう世界だった』としか言いようがない、映画を批評するのではなく『こういうことが出来たのではないか?』と考えるのは1つの楽しみだと思うので続ける。

ゴジラが1度上陸して海に戻っていった。その時点でもけっこうな被害が出ていた。その時点から次の上陸を想定して対策がもっと議論されていてしかるべきなんじゃないか??って思った。

 e-1:例えばゴジラが出現したら人工衛星から場所を捕捉しスマフォなどでゴジラの現在地が常に表示されるとかして国民はみんなしてそれを見ながら非難する。ってスタイルはありだったかも??というのは上陸から数時間たっても逃げ遅れる人が多すぎるような気がしてて、ゴジラという1点の対象物に対して放射状に離れるように逃げるので地震や台風などに比べ逃げやすいような気もする。

 e-2:あれだけの巨大生物。海中で捕捉できない方が不思議では??釣り船の使う魚群探知機にも大きな影として写るはずで、自衛隊の潜水艦やらを駆使して日本周囲を捜索し、上陸より出来るだけ早く存在を確認できるようにするのは大事だったろうと思う。

 e-3:また上陸して海に帰る前に『GPS付きの発信機を付ける試み』があっても良かったかも??


それら、いろんな事を庵野監督をはじめ色々と考えたと思う。ただ映画として2時間くらいの尺で収める上で『言いたいことを言う為には』・・・あえてバッサリと削る必要はあったのだろうと思います。


みなさんはどう考えたでしょうか?


腎臓病の新仮説(IgA抗体を増殖抑制)

(あらかじめ言っておくが著者は医学の専門家ではない。できれば専門家の中から研究してくれる人が出てくることを望む。また腎臓病について少し調べたことのある人にしかわからない内容となっている)

◆仮説1『タンパク制限のアプローチより大切なこと(IgA抗体の増殖抑制)』
◆仮説2『腎臓病の検査項目に血液中のIgA抗体の数を入れるべきでは?』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【まずは軽く経緯を話す】
僕は40才を期に人間ドックを受診し、自身が軽度(〜中度)の腎臓病である可能性が高いことを知り、腎臓病について調べた。僕の場合はメタボでも高血圧でも糖尿病でもない。尿蛋白が++。尿潜血+。あと尿素窒素が22.3、クレアチニン1.21、尿酸8.3。あとは肝臓と炎症系の値が少し異常とでた。むくみなし。食後などだるさあり。酒は稀に少量。タバコは吸わない。ストレスは少ない。といった具合。

腎臓病とひとくちにいっても種類はいくつかあるが、症状や検査値から照らしあわせて、糖尿病腎症や腎硬化症や腎臓結石などの可能性はほとんどない。尿に潜血が出ていることなどから、腎臓病としてもっとも一般的な『IgA腎症』である可能性が高いと思った。もちろん腎生検などして結論づけるべきだがフィリピンの専門医が言うには緊急性は低いということなので、勉強し生活改善をしつつ様子をみて次回の検査の結果をみてその後の対応を決めようと思った。


【腎臓とIgA腎症、そしてタンパク制限について】
腎臓は血液を濾過する(など)の機能がある。何かしらの原因で腎臓が正常に機能しなくなると尿に蛋白が出たり血液中に老廃物が流れたり(尿毒症)する。腎臓病を調べていくうちに『腎臓病は治癒する可能性が低く、徐々に進行し最終的には人工透析が必要となる』ということを学んだ。ただし初期のIgA腎症の場合は寛解(症状がでなくなる)する可能性があるとのこと。また治療法についてはまだ確立されていないこともあり『タンパク質制限(他に塩分やカリウムなど)』を中心とした食事療法が大切という事も学んだ。

ただし僕の理解では『(破損していく)腎臓に負担をかけない為にしている』という事で、簡単にいえば『腎臓を労る』ということで大切であるが根本的な治療ではない。ちなみに医師は栄養指導については素人で患者もその重要性を理解せず悪化するケースは多いようだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆仮説1『タンパク制限のアプローチより大切なこと(IgA抗体の増殖抑制)』

そこで仮説なのだが『IgA抗体をどう増やさないか』ってアプローチがもっと必要なのでは??と思っている。まずIgA腎症についてはアレルギーなどが原因でIaA抗体(タンパク質)ができるのだがそれが異常に増え腎臓に負担をかける。

現在のIgA腎症に対する治療アプローチは『扁桃ステロイドパルス療法』が有名のようで一定の成果をあげている。が、IgA抗体ができるのは扁桃だけではない(主な原因であれば効果は高いだろうが) 僕の場合はここ数年は風邪を引きやすく熱もでて1〜2週間ほど続く。また気管支炎になってこともあり何らかのアレルギー体質なのだろうと思う。また人によっては歯周病などもある。

つまり『IgA抗体が活躍し異常発生する原因を抑制するアプローチ』が大切だと僕は考えている。扁桃炎・喉頭炎・鼻炎・歯周病など。なので具体的には風邪をひきにくくし長引かせない為の工夫。鼻炎(花粉症など)や歯周病にならないための努力が、タンパク制限に加えて(あるいはそれ以上に)大切なのでは??と思う。

食事療法によるタンパク制限のアプローチは『食べ物からのタンパク(腎臓への負担)を減らす』という事で意味はあるが、それに加えて体内で生成されるタンパク質(この場合はIgA抗体。※ちなみに食事制限をしすぎると体内のタンパクが血中に流れ出るらしい)を減らすことができればより良いはずだ。そもそもIgA腎炎は、IgA抗体の異常増殖が原因だと言われているらしいから。


そこで仮説2

◆仮説2『腎臓病の検査項目に血液中のIgA抗体の数を入れるべきでは?』

現在の人間ドックでは様々な検査をするが、血液中のIgA抗体数を調べる項目はない。もし人間ドックで腎臓の異常が見つかった場合はいきなり腎生検にいって『手っ取り早く検査する』より、IgA抗体の数を調べた方が患者への負担も医療費も抑制できるものだと僕は思う。

僕も必要とあれば腎生検を受けようと思うが、ぶっとい注射をうたれるのは嫌だし、海外在住で無保険なので入院費などは出来れば抑えたいから、できれば避けたい。

IgA抗体数で統計を取っていけば高い確率で『IgA腎症』の診断ができるものと期待している(これは専門家が研究して欲しいと願っている)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後にCKD(慢性腎臓病)は新たな国民病として注目されてきている。が、初期段階で症状がでてこない上に人間ドックの段階で蛋白尿がでても『疲れ』などの原因も考えられるのでスルーされることも多い。そこにIgA抗体検査などを入れることで早期発見ができれば人工透析に移行するのを遅らせたり防いだりができるのではないかと思う。

僕が調べた限りでは人工透析には莫大な医療費がかかる。人工透析の機械は100万円くらいだが看護婦がつききっりになることもあり高い。1人あたり年500万円かかるとも言われる。今回の本題とはそれるが僕はそういう部分は合理化すれば年50万円もかからないと思っている。いちおう調べたので書いておくが『人工透析科の看護師の仕事は(機械の説明などを覚える必要はあるものの)基本的には注射をしてあとは待っているだけ(看護師のサイトより)』とあったのであながち間違ってはいないと思う。

もちろん僕は素人なので僕の知らない理由もあるのだろうと思うが、医療機関が『自ら儲けを手放す道理はない』とも思っているので、国が積極的に関与すべきだと思う。それこそ人工透析患者で希望者は専用の資格を取得でき、その資格があれば透析センター内の『機械操作と注射ができる』とすれば(もちろん実現はしっこないが)合理的だと思う。患者も透析と一生付き合う。患者はずっと寝てるだけ、彼らの1割でもケアもする側にまわれば・・・などと思ってみた。

これから日本の高齢化はいっそう進み医療費はドンドンと増えていく。僕は自分自身が将来人工透析のお世話になる可能性があると思いつつも、病人が高額の医療費で生きながらえることには賛成できない。その莫大なお金は国家&国民の負担であり、それらのお金(予算)がないばっかりに別の部分で人の人生を不幸にさせると思っているからだ。

思いっきり脱線してしまったが、増えているIgA腎症の研究が進み、IgA抗体の異常発生をいかに抑えるかの試みが広まることを願う。

政治力を考えず医療改革を考えるなら

高齢化が進み財政的に手詰まり感がより強くなってきている。特に年金・介護・医療などは改革の必要性が叫ばれつつ政治的にはとても難易度が高い。高齢者も医療業界も政治力が強いからだ。ただ今回はそれらをまずは頭から外して自分なりの医療改革を考えてみた。あたまの体操だと思って『そうかも』とか『いや違う』とか思いながら読んでもらえればと思う。


そんなワケで個人的な医療改革(財政的に持たないから)のイメージは以下の通りです。


■A:基本的な検査を受けられる場所を作り無償化する。

僕は血液検査や尿検査でわかる病気の範囲がドンドンと増え精度も増していくと思っています。また採血も道具を使えば誰でも出来ます。なので専用の検査所を作り、誰でもいつでも検査が無料でしかも看護師も医者も介さない所があれば全体としてコスト削減しつつ健康向上すると思います。ついでに献血できるようにすればなおいい。


■B:薬はデータ管理した上で9割は薬剤師を介さずに済むようにする。

いまや薬は検索すればいい時代。医者から処方箋をもらった上で更に薬剤師に説明してもらう必要がどこにあるのか分からない。1枚のカードとコンピューターで管理すればコスト削減になるし別々の薬局で薬をもらっても飲み合わせなどの警告ができる。[希望しない人(高齢者など)は従来通りでもいいが、希望する人は処方せん料など割引すればいい]


■C:保険適用 "除外" を広げる。

たぶんこのままでは医療財政が持たずにより重要度の高いところにお金がいかなくなる。なので、悪いけど以下のようなのは除外していくしかないと思う。a高額な高度医療(費用対効果の高いものは除外)・・ただ医療科学の発達という意味で効果が見込める場合は存続でもいい。 b治癒の見込みのない医療(末期がん患者など)の延命治療など。


■D:予防医学(とりわけ子供の歯科治療)に資金を投入する。

歯ならびが悪いと虫歯になりやすい。また虫歯は悪化するほどに治療費が上がり、しかも他の病気にもつながっていく。20才以下の歯科矯正を保険適用にした上で、価格もぐっと下げる(利幅がめちゃくちゃあるから)、個人的には1人1回は無償にしてもトータルで医療費削減になると思う。いまは歯医者あまりなので景気対策にしつつ、20年後には歯医者を半減させる感じで・・・。


■E:たばこ税を上げない。

健康維持に逆行するのかもしれないが、たばこ税は高すぎかも・・。それで健康を害して医療費が上がるという考えをする人もいるが、個人的にはそれで長生きする方が医療費も年金もトータルでコストアップになる(試算してはないが)と思う。なので好きな人は吸えばいい。

(個人的にはABCは政治的に難易度が高いので、Dがオススメなのだが)

NHKの受診料問題

NHKの受診料の問題・・・今回はこれについて意見を述べてみたい。


【現状認識1】・・・どの程度の人が見ているのか?

国民のほとんどがテレビを見ている。だいたい単身世帯で91%、一般世帯で95%くらい。『ネットがテレビに取って代わる』という声もあるが、現在のところ『緩やかにテレビを見る時間がネットに移っている』のであって多くがテレビを持っている事にかわりない。これはほぼNHKの受診料を払わないといけない人達の数ともいえる。


【現状認識2】・・・何が問題か?

受診料を払わない人達が相当数でてきていること。それにより減収になっている上で徴収コストが嵩み、それでいて強制徴収が難しいという状況があること。


【解決私案1】・・・・無料する上に◯◯

個人的にはNHKの受診料にかぎらず国民のほとんどから広く薄く取るタイプの税金(実質的に税金的な側面があると思う)は国民年金にしても国民健康保険にしても僕は無料(もしくは1本化)にすべきだと考えている。無料というのは言い換えれば他の部分で増税して『税をシンプルにすべき』だと思っている。例えるならラーメン屋がラーメン代と器代と箸代と出前料をそれぞれに徴収するような面倒なことはしないように、ラーメン代としてその他のコストを込みにしてしまう方がいいと思う。

それによって今後は徴収費がかからなくなる。では滞納している人が『ゴネ得』になってしまっているという問題についてはどうだろう。これについては・・・


【解決私案2】・・・・次の国民に給付(景気刺激の為にお金をばらまく)に減額

政治では景気刺激の為に地域振興券などいろんな名目で国民にお金をばらまく時がある。その時にNHKの受診料を無料にしてお返しするという名目にしてしまえば、滞納している人を除外することができ、現在おきてしまっているモラルハザードに終止符を打つことが出来ると思う。

NHKの受診料をこれからどのように変えたところで『払いたくない人から徴収するのは無理』だと思うので、それ以外の人のお金をあげて、実質的に平等に持っていく方が賢いやり方だと僕は思う。まさかこの制度で『受診料を払ってない人がズルいとは言わないでしょう』

※ただしNHK自体の規模や放送内容については別途議論すべきだと思う。


・・・この私案どうでしょうか?良かったらコメント残し下さいな。