読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伍流の思考

- ごりゅうのしこう -

マクドナルドへの逆風2

つづきです。

前半ではマクドナルドの低迷は『ネガティブキャンペーンにある』というのと『巨大フランチャイズの経営はそんな単純じゃないのよ』って話をしました。ここからはネガキャンについて少し掘り下げてみます。その後で『改革の圧力と難しさ』について話をしたいと思います。

◆ネガティブキャンペーンについて

今は『異物混入』あるいは『食中毒』について以前より敏感な時代だと思います。昔なら『こんなの入っていた・・・放置 or クレーム』で終わっていたものが、今はそれに『ネットにアップ(そして拡散)』が加わっています。

ネットにアップする人が例え100人に1人だったとしても、大量に商品を出している企業はそれだけより大きなリスクを背負っているワケです。危機管理を間違えると会社の存続を揺るがしかねない事態になったりします。

なので『何もそこまでしなくても・・・』って思うくらいに過敏になりがちです。


さて以前の経営者:原田泳幸さんについて少し話しておきたいと思います。業績不信のマクドナルドを過去最高益に導いたカリスマ経営者です。それだけの業績があればTV出演や講演の依頼も増えます。

ある日、経済番組をみていると原田さんが出演していました。マクドナルドの経営手法について語っていました。例えば『消費税の時に値上げをすると注目を集めやすい』のでその前から少しずつ値上げを実施している。といったことを話していました。

実はこれは経営手法として合理的だと思います。個人的には『なるほど』と思いましたが、それと同時に違和感もありました。こういうのは書籍やセミナーで語るのに向いている。ある種の裏話であって、表でする話には少し不向きだと思ったからです。これをみた一般視聴者はどう感じるのでしょうか?

『マクドナルドが消費者をバカにしている!(原田調子に乗っている)』

・・・・そう思った人もいると思います。

さらに少しずつ値上げをして『マクドナルド最高益更新!』なんてニュースが踊るようになると『そういえば最近のマックはけっこう高いよね!儲け過ぎじゃねー!?』といった話になりがち。

ユニクロのフリースブームじゃないでですが、ブームがあれば『ユニバレ』のような『揺り戻し』が来ます。マクドナルドを打ち出してくる施策で『カウンターのメニューをなくす』といった合理化に対してその他の要素がなければ『面倒くさいなぁー』程度で終わっていた消費者も、それらの積み重ねで『(ネットで)文句の一言でもいいたい!』ってなりやすい土壌ができあがってきたように思います。


原田さんは優秀な経営者だと思います。またマクドナルドのような上場企業やアメリカに本部があるような会社だと『儲けることへの圧力』と『儲けたことへの賞賛』はそれなりに大きかったろうと思います。

ただ『消費者への好感度』っていう意味ではミスをして足元を救われたと僕は感じています。


さて最後です。

◆改革の圧力と難しさについて

周囲から『経営を立て直せ!』という圧力は相当なものだと思います。僕はカサノバ社長が無能だとは思いません。あれだけあったネガティブキャンペーンの後なら、何もしなくても業績は落ちます。いわゆる下降トレンドみたいな状態です。

ただ現状の分析と対応策については僕と見解が違ったようです。

僕は正直なところ『経営改革は不可能!』だと感じています。
とくに組織をいじればいじるほど注目され『効果なし→迷走』というレッテルを貼られてしまいます。なので嵐が過ぎ去るのを静かに待つべきだと思います。儲かった時代の店舗を減らし、もともとの支持顧客にそこそこの味のバーガーをそこそこの値段で提供し続けましょう。

間違っても『高級路線に行こう!』なんてやめましょう。マクドからモスに移行していく人はほおっておきましょう。学生が社会人になったらお金に余裕ができ高級志向になるのは自然ですから。そうではなく今の学生が『マックで食べてこうぜ!』って言って来てくれればいいと思います。

『高級路線で行くべきだ!』ってことは、今から新しいブランドを作ろう!ってことなので、別会社で少し試すくらいがちょうどいいと思います。

ドーナッツチェーンがコンビニのドーナッツ販売に打撃を受けたり、吉野家で酒が飲めるようになって居酒屋が影響を受けたり、そういったことは今後も続きます。ただマックのような業態の需要は今後もそこそこ残っていくでしょう。そして嵐が過ぎ去ったら少しは客も戻ってくると思います。


まぁ僕がいまのマクドナルドの経営に関して案をあえて言うなら『好感度の高い人を社長にする』そして少しコストをかけてでも『喜ばれることをする(好感度アップ)』といった感じでしょうか。原因がネガティブキャンペーンだと考えているもので。

具体的に言えば『店のWi-Fiを無料で使えるようにしよう』です。それだけでビジネスマンや学生が待ち合わせに使いやすくなる。ただし繁忙時間に長居されても困るので、1時間とか時間制限をつけるのはアリだと思います。


・・・僕はこんな風に考えたのですが、みなさんはどう感じましたか?

マクドナルドへの逆風1

今回はマクドナルドを低迷について分析しようと思う。

これについては様々な人が『あーでもないこーでもない』と議論をしている。実はこういった意見がでる時に必要なことがあると僕は思っていて『いまどんな空気になっているか?』です。人は空気に支配されがちで時にそれが業績や分析結果に悪影響を与えると思うからです。

では先に僕の結論からいうと・・・
『結果的にネガティブキャンペーンに襲われた』

(一人勝ちの原田体制、そして合理的な経営が反感を買ってしまった)
もちろん食の安全なんかへの問題、コンビニや他のファーストフードとの競争もあるとは思いますが、それがメインだと僕は思っています。



まず企業のイメージ戦略の話をしたいと思います。味覚はそれのみが独立しているのではなく見た目や臭いあるいは空腹具合や期待感で『味の評価はかわる』と考えられています。そしてメガファーストフードチェーンがイメージ戦略に力を入れるのは有効です。スケールメリットを活かしてコストダウンなどをはかりイメージ戦略で売上を伸ばす。いたって合理的です。

ただ逆にいえば味や店への評価が『イメージによって嵩上げされている』というのも事実なのです。これは嫌味でなくそういうものだと思います。


では今回どんなことがあったのでしょう。中国産のチキンの問題や異物混入などなど、
それらマクドナルドにいろんな問題があったことは事実としても、それに対して『問題探しをする人達が大勢いたこと』が結果的に『ネガティブキャンペーンになった』と 僕は見ています。マイナスイメージはもちろん売上に影響を与えます。(利幅が少ない商売では売上以上に利益に影響します)


どうしてネガティブキャンペーンになったか。それは『なんで低迷しているんだろう?』と聞かれれば『味がイマイチな割に高い』とか『メニューが見にくい』とか人はネガティブな答えしか探しません。

もしもですよ。『低迷』とかいった先入観を外して『マクドナルドはよく行きますか?』って聞かれたら、好意的な意見をいう人もいると思います。

個人的にはマクドナルドが流行っていた時と今とそんなに変化がないと思います。あいかわらずそこそこの味。でもとりあえずあれば便利です。ただコンビニでコーヒーが飲めたりといった選択肢が増えた分だけは希少性がなくなってきてると感じますが、それはマクドナルドだけが直面する問題ではないように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて分析をする人達の中でこんな人達がいます。

『顧客思考じゃないとか』『大胆な改革が必要だ』『迷走している』とか・・・・簡単に言いますが、じゃあ『どうやって改革したらいいか?』って具体的な案はみんなバラバラなんだから経営者のことを無能だと言えるようなシッカリした意見ってホントに少ないって思う。


特に一般人の感想レベルってのがとても多い。

例えば『最近はマックに行かないモスに行く、値段も味も中途半端だから客が減ったのでは??』といった意見です。でも実際には味も値段もそれほどかわっていないと思うのですが業績絶好調の時期がありました。

またこんなのもありました。『原田独裁体制で幹部が次々に辞めていった(そして他で成功している)』・・・他で成功していることは良いことだと思います。おそらく優秀だったのでしょう。ただ経営に関しては『船頭多くして船山に登る』だと思います。例えば大企業でもソニーのように部門が多岐にわたるのならそれぞれにリーダーが必要でしょうが、マクドナルドは言っても『ハンバーガーチェーン』という単一事業です。経営として独裁くらいの方が向いていると僕は思います。もちろん『その下で働きたいか』は別ですが・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次にみなさんに考えてもらいたい視点はこれです。

『巨大フランチャイズでメニュー1つを決めるが普通の店とどれだけ違うか?』

です。なかなか想像することはないと思います。例えば10店舗ほどのチェーンなら新しいメニューに[◯◯地鶏]を使おうと思ったらスグにできます。でも巨大FCの場合は違います。必要なチキンをどうやって確保するのか?安定供給はできるのか?生産者が複数なら品質の違いをどうするのか?・・・などの課題が出てきます。

なのでマクドナルドの改革案として『個性的なメニュー』を考えている人はその視点が抜けていたりします。


後半につづく。

自動走行車に運転を奪われるのか?

自動車が衝突しないようにセンサーで感知してブレーキをかける。そういった自動制御の技術は既に実用化されていてここまま行けば『近未来は自動走行車が多く走っているだろう』と言われるまでなってきた。

もし自動走行車の開発が実用レベルにまで進み、人間が運転するよりずっと正確で安全(例えば10倍)になり、しかも価格が下がり普及する段階になったとして『人が公道を運転することは禁止されるのだろうか??』


そうなるだろう。と予想している人もいるが僕は少し懐疑的にみている。


僕の見解はこうだ。少なくとも普及するようになって20年は共存するだろう。つまり自動車は運転もいままで通りできるが、自動運転に切り替えることもできる。

気になっているポイントは3つ。

1:誤作動をおこした時に運転できないと怖い。
2:保証は誰がするの。
3:運転が好きという人の権利意識。

続きを読む

なぜ芸能人は病みやすいのか2

( 後半です。前半はコチラ )


4:個性的な世界。

芸能界は特殊な世界です。番組スタッフも年収1000万円とも言われるTV局の社員(プロデューサーなど)から労働基準法を無視したようなADまで"縦社会"と言われています。また力を持った大御所もいればそれに媚びへつらう若手やグラビアアイドルなどもいるでしょう。売れっ子になれば周りがチヤホヤしワガママになりやすいでしょうし、気をつかうケースも多いと思います。

芸能界と言われるようにある種『隔離された世界』ではセクハラやパワハラも起きやすいと思います。華やかな世界にはどうしてもお金も権力も付いてまわります。ネットでの情報(暴露や噂など)を鵜呑みには出来ませんがそういう側面は少なからずあろうかと思います。

続きを読む

なぜ芸能人は病みやすいのか1

華やかなイメージのある芸能界。お笑いでも一発当てれば数千万円の世界。その一方で浮き沈みも激しく自殺や覚せい剤に手を出す芸能人も後を絶ちません。今回はHASEなりに『なぜ芸能人は病みやすいのか?』を分析してみたいと思う。


1:キャラを求められる。

芸能人として売れる為に『キャラクターを付ける』という人は少なくありません。『天真爛漫キャラ』・『熟女好きキャラ』・『ヘタレキャラ』あとは『破天荒キャラ』など。

続きを読む