伍流の思考

- ごりゅうのしこう -

次の産業革命でも新たな雇用が生まれるか?

蒸気機関が発明されたり自動車の発明など今まで産業革命によって多くの雇用が奪われてきた。だが産業革命によって新たな雇用も生まれてきた。

馬車に使われる馬を世話する人が自動車工場で働くといった具合だ。


今後おこると言われるAIやロボットによる産業革命。専門家の中には、上の例を持ち出し「次の産業革命でも新たな仕事が生まれ新たな雇用が生まれるだろう」と言う人が少なくない。

僕はその考えに否定的だ。


*IT革命で生まれた仕事


なぜなら、新しい産業革命ほど、新たに生まれる仕事に求められるスキル水準は高くなっているからだ。それを説明する為にAIロボの前におきた「IT革命」を考えてみたい。

ITによって様々な商売が効率化された。スーパーマーケットは市場や卸売業者を通さず漁師や工場から直接仕入れたりできる。個人もネット通販で一番安いお店から買うことができるようになった。その「中抜き」によって多くの雇用が奪われたし、価格が下がることで利幅が薄くなったりということも出てきた。


象徴的な事例はAmazonだろう。この企業がシェアを増やすごとに街の書店は減っていった。もちろん今まで売れなかったものが売れるようになったという側面もあるが、売れる物というのが以前より偏るようになったとも思う。

ネットで比較され知名度やレビューが良く多い商品がバカバカと売れ、検索でトップに来ないような商品は知られすらしないという過酷なもの。僕はそれ自体は自然なことだと思っているが、難しいのはIT革命によって仕事を得た人というのは、起業家・プログラマーなど能力の高い人が中心だということ。

ブロガーやユーチューバーなど驚くほどトップに富が集中する世界。


では次にロボットやAIを考えてみる。

 

 

*ロボット・AIで生まれる仕事は人間ができるか?

 

既に株式トレーダーなどAIに置き換わっている仕事もある。ロボットに置き換わっている仕事もある。こういう技術が進んだ時に多くの雇用が奪われると僕も含め多くの人が信じてる。では生まれる仕事は?

・ロボットやAIのエンジニア・・・高度。・起業家・・・ある意味で高度。

 

ではそれ以外に新たなビジネスが生まれた場合はどうだろうか。

例えば「空を飛ぶ自動車」とか「遊びあるいはお金の浪費を教えるビジネス」とか「寿命を伸ばす薬」・・・いろんな今後発明されるかもしれないものを考えてみても、高度であったり一部のクリエイティビティのある人が中心になるように思えてならない。

何より新しいビジネスを起こす人はそのビジネスを成立させる為に人をそれほど必要としないだろうと思う。IT系のビジネスで成功すると巨万の富を築ける。AppleもGoogleもAmazonも時価総額で旧来の企業を一気に抜き去った。でも例えばトヨタ自動車のようなビジネスに比べれば関連で生み出す雇用はたぶん2桁くらい少ない。

要は人の力ではなくコンピューターの力を借りる部分が大きい。

と僕は考えている。

そしてAIやロボットなどなど、技術がより高度になり幅が広がることで、新しく企業する人が雇用に頼る割合は減り続けていくだろうと思う。


そういう訳で僕は近未来の雇用についてAIやロボットなどは普通の労働者にとってネガティブなインパクトを与えると思う。今はまだ途上国などが発展しドンドンと購買力が伸びているが、そうやって増える需要と、農作物や工業製品がより合理化され増える生産性、それが生み出す供給、、そのバランスがいずれ崩れてくると思う。


これはあくまで僕が2018年現在で考える2040年くらいの予測。

ロボットが代替してくれることによって人間がその分だけ遊んで暮らせればいいのだが、今の資本主義のままだと起業家や資本家などにその果実がもたらされ、労働者は少ない仕事を奪い合うということがおきかねない。

なので、今のうちからベーシックインカムやロボット税などを議論していった方がいいと思う。ロボット税に関しては効率化において当初は補助金を出してもいいくらいだとは思うが、それによって効率化され奪う雇用を考えると、少しずつ課税する方がいいと思う。


アニメ亜人にケチをつけてしまう・・。

Netflixでアニメ亜人を見ている。面白いと思う気持ちと同時に、どうも矛盾とか都合良すぎって思ってしまう点が多くて違和感が気持ち悪いと感じてしまっている自分がいる。

そこで今回は大人げなくアニメにケチをつけてしまおうと思う。
もっともアニメというのはフィクションであまりそういうことをこだわらずに見るのが本来の見方なのだろうと前置きしておく。また作者や関係者およびファンのみなさんにはごめんなさい。あくまでそういう見方もあるんだ(変な人)って思ってもらえばOKです。

また僕が気になったところを吐き出すために書いているので、どの部分なのかいちいち書かないからごめんなさい。


◆少し気なる:1

亜人は見た目は人間と同じ。その中からテロリストが出てきたからといって、なぜ「亜人vs 人間」みたいな構図になるのかがわからない。例えば東京グールの場合はグールは「人間を食べる(それしか食べない)」という設定があるので排除に動くのはわかる。亜人にはそれがない。


◆少し気なる:2
非人道的な実験を亜人にしていたのも一部ではなく多くがからんでいた。政治的な合理性があると思えない。亜人の存在が未知という意味では法的には人間に分類されるはずで、人間に対しての非人道的なことをしていたらかなり重罪。政治家がからんだ組織的な犯罪になるはず。


◆ご都合主義すぎ?1

亜人テロリストのボス佐藤が、他の亜人に向けてメッセージを送って仲間になった中に奥山という亜人がいる。彼は天才ハッカーも甚だしい・・・。自衛隊の基地の見取り図とか様々な国家機密レベルにまで手をだす。

さらに彼はドローンを複数同時に操作できるという魔法使いのようなこともするし、さらには「電磁パルス爆弾」のようなものまで開発してしまう。個人が短期間に作るには無理がありすぎる・・。



◆ご都合主義すぎ?2

佐藤の仲間になった亜人。少し訓練したくらいなのに、自衛隊や警察の特殊部隊と互角の戦いをする。さらに佐藤にいたっては複数の自衛隊員を瞬殺するほど桁違いに強い。もしそれが亜人の能力による部分ならまだ納得もするのだが、多くは能力以前の力による。また倒した亜人が復活する時も都合よく驚いて不意をつかれてくれる。自衛隊にしても警察にしても亜人の存在は知っているだろうに・・・。また相手がテロリストであろうとも全て殺すっていうのは不自然。大抵は重症となりすぐには死なないから復活はしないはず・・。


◆少し気なる:3
電磁パルス爆弾を乗せたトラックを警察の検問してる前まで突っ込ませる。それだけ広範囲に効果があるなら突っ込ませる意味がない。また厳戒態勢の中でトラックが突っ込んできたら止まる前に撃つ方が自然だと思う。


◆矛盾では?:1
電磁パルス爆弾によって対亜人用の特殊部隊が使う違法な特殊武器が全て無力化される。だが、その地下みたいなところにある特殊武器はなぜか無力化されていて強奪および使用される。またそこの入り口のカギも壊れていない。

◆ご都合主義すぎ?3

佐藤が警察によって殺され続けるというシーンがある。最初こそタンカに乗せ、手首をバンドで拘束するが、素人のはずの亜人狙撃手によって両手ともにバンドがはずされる。不思議なことにその後も殺しつづけて運ぶのだが、誰も再度バンドをしなきゃとは思わない。さらに大型の盾があるにもかかわらず狙撃される。ここは亜人とはまったく関係ない部分。

◆少し気なる:4
警察側が誰も武器の出どころに着目していない。仮にヤクザであっても大掛かりな武器を渡すには難易度はかなり高いはずで、入手ルートは洗えばあるていどは特定されるはず・・・。


◆矛盾では?:2
亜人の使うIBMは人間には見えない。だが亜人には見えるという設定だったはず・・。永井らが佐藤を追い詰めた時に、亜人である中野&下村は麻酔銃を佐藤に打ち、それがIBMに止められてしまう。どうして見えていなかった??

◆少し気なる:5
対佐藤の訓練を永井や中野らがする。軍事的な訓練はわからなくはないが永井が痩せるように言われる合理性が見当たらない。そもそも肉弾戦は素人が訓練して簡単に習得できるものではない。ならばIBMや不死ということを軸にした訓練の方がいいと思う。

◆少し気なる:6
佐藤の標的リストとして出ている人達のほとんどが予定を変更せず受けて立っている。特に最後は犯行日時や場所まで指定され、そこに居座るのが普通っぽくないって思った。リストの中で1人くらいそんな人がいてもいいが、話としてはそういうタイプの人って伏線が欲しいかも・・。

◆ご都合主義すぎ?4

佐藤らのグループが自衛隊の基地を占拠した。自衛隊員らが人質となり大量の日本人を殺傷できるミサイルと化学兵器がある。そこで日本政府との交渉となったのだが、ここで交渉に応じる理由がわからない。直接その基地ごと爆破する方が安全性が高いと思う。いくら化学兵器が強力だという設定でも風もあるし日本の国土は相当に広い。

仮に基地ごと爆破した場合。佐藤らは復活できるかもしれないが、彼らが使っているパソコンは壊れるし、衣類などもなくなる。丸裸になった状態で周囲から攻撃すれば制圧は可能。

◆ご都合主義すぎ?5

佐藤を裏切った奥山ら3人が永井らに合流する。それで作戦を立てるのだが、奥山からもたらされたのは大量の武器と、地下アジトの地図・・・。なぜ彼のハッキング能力を使って佐藤のパソコンを操作しない??政府機関をハッキングするよりもともと自分らの仲間のパソコンをハックする方がずっと簡単だし自然。


◆ご都合主義すぎ?6

佐藤ら2人を生き埋めにするシーン。他の人達は武器をもっていたのに攻撃していない。作戦が終わるまで何をしてくるかわからないのだから攻撃はすべき。むしろ永井らとの距離はそれほど離れていないので、少し間違えば失敗する。攻撃しない方が不自然。 また爆破のボタンを永井が持っているのも不自然。途中で永井が倒されたり銃撃でケータイが破損すればゲームオーバー。作戦を続行するためには戸崎さんが持つべきだと思う。



最後に本来ならこういう話は気になったところは半分無視して物語を楽しんだ方がいいとは思う。ただ無理な設定は1つの話に1つか多くても2つくらいにしておかないと気になってしかたがない。この話でいえば「亜人という存在がいる」ってことは矛盾でも何でもない。そういうのがいることを前提にすべきだが、それがあれもこれも亜人だから可能ってするには無理がある。

だからといって亜人ではない部分で可能にしてしまうとそれにも無理が出てくる。そんなことを感じたアニメでした。またフィクションは衝撃的になるほどどんでん返しがあるほど悪役がイかれているほど面白くなるが、矛盾が出やすくなる。だが、大衆受けするにはそっちの方がいいってことはあるような気がする。

佐藤さんを狂気のテロリストにし、無謀な遊びにすることで、面白くなるが、本人がゲームとして楽しみ、その難易度を高めることで本来ならクリアは難しくなるのだが、なんとかクリアさせないといけないから、そこから逆算して話をつくるのかな・・・だから話に無理がててくるのだと思う。

以上、気になってた点の羅列でした。

いまから残り3話くらいをみます。

アルティメット人狼の楽しさを半減させる話。

(人狼ゲームを知らない人はググッて下さい)

アルティメット人狼とはゲームクリエイターやプロ雀士あるいは将棋棋士など人狼ゲームの熟練者が公開の場で人狼をするイベントのようだ。

見てみると非常に面白い。プレイヤーは約13人。その中に人狼が3人、占い師、狩人、霊媒師、狂人などの役職を持つ村人と、役職のない村人で構成されるのだが、みなさん頭の回転が早く論理的。見ているお客さんや動画の視聴者も、推理を楽しむ。


1つ感じたポイントは、推理も大事だがいかに説得するかは非常に大事だって点。

例えば『人は自分を信じてくれた人を信じる』・・・とかそういう心理戦の積み重ね。


だがそれ以上に何作品か見ていて感じた違和感がある。
それは知ることであなたが『人狼の面白さを半減させてしまう』発言になってしまうかもしれない。予め謝罪しておくが、それでも知りたい人は続きを読んで見て欲しい。




1:『熟練者の人狼は同士討ちを厭わない』

これが仮に現実の人狼だった場合は、仲間が殺されることに強い抵抗を感じるのだが、ゲームなので、勝つ為にはあえて仲間を疑ったりすることで自分を村人だと信じてもらうという戦略が普通におこる。

特に初期段階の投票はほとんど材料にならない。仮に人狼が人狼に投票しても、それが決定票になる可能性が少なく、それを根拠にあとで人狼疑惑を払拭するという戦略が取られる。

だが、それは論理的なはずのプレイヤーでもあえて口にしない。

と僕は思っている。

それは『それを言い出すと推理自体の楽しみが半減する』から。


それともう1つ。



2:『論理的な行動を取るはずだ』という前提に立ちすぎている。

基本的に騙し合いのゲームであり、内容は割に複雑。プレイヤーが『AでBだからCという行動を取るのはおかしい』といった推理をするのだが、もともと騙し合いで論理的な行動ばかりとること自体が非合理なワケだから、その推理の前提は最初から危うい。


もちろん、あるていど『確定的な論理』というのはあるが、1で言ったように人狼が同士討ちを厭わない。もしくは人狼が限りなく村人のように振る舞うと、占い師やらに見つかる可能性はあるが、推理だけで、人狼だと見破られることはほぼ不可能になる。

なので、初期段階で誰に投票したかとかを議論していることは熟練者にとってはあまり意味がない(けど、そいういうことは言わない) ように思う。

気になる人は同じプレイをもう1度みてもらいたい。みなさん凄く論理的で頭の良い人達なのだが、推理が当たることの方が難しい。ほぼ確定だと思っていてもハズす。それは難易度が高いことの表れでもあるのだが、論理で答えを出せていないことの表れでもある。

その現実から考えると論理は3つに分けた方がいいと思う。

1:確実な論理・・・(占い師が2人名乗りでたら1人は偽物)
2:可能性があり考慮すべき論理・・・(占い師が2人が出たら1人は本物である)
  ※2人が人狼や、1人が人狼で1人が狂人の可能性もある。
3:無視する方がいいくらいの論理・・・(最初に誰が誰を疑っていたとか)

実際には確率としては0%から100%まであるが、素人の戦いは別にして熟練者同士での戦いでは『あえて裏をかく行動を取る』ので、3無視する方が良い論理の割合は増える。

だが、実際のゲームではそういうのを考慮しすぎている。公開イベントとして『分からない』ではなりたたないという理由もあるだろう。

また人狼が同士討ちを厭わないような村人行動を取ることで『どんでん返し』が生まれ、客の満足度が高まるというのもあるだろう。

僕はプレイヤーを責めるつもりはないのだが、それでも初期段階で『人狼を疑っていた。人狼に投票していた』といったことを論拠にするのは論理的におかしいように思う。

少なくとも『人狼同士が互いに対立する構図』というのは村人らしさを演出するのに有効でわりに使われる戦術・・・であるにもかかわらず、その可能性にほとんど言及しないのは推理する上では不自然。だがそれに触れないのは『人狼の楽しさが半減するから』なのだろうと僕は思っている。


あとイベントとしての難しさは、推理が楽しいのだが、推理しても訳がわからないって状態にすると客がついてこれなくなってしまう点だろうと思う。なのでほどほどに分かりやすい論理構成が好まれる気がする。


自分は保守かリベラルか?

今の時代はメディアや番組を(以前より) 自分で選ぶ時代だと思う。

よく保守・リベラルという言われ方をするが、保守寄りとか政権寄りの考えを保つ人は虎ノ門ニュースとかニュース女子とか産経新聞とかに共感することが多め、逆にリベラル寄りとか反政権の立場の人達は大竹まことのゴールデンラジオとか朝日新聞とか好みそう・・。

ネット右翼という言葉があるが、ネット系のメディアはそっちよりの番組が圧倒的に多い気がする。それでいてネットで左翼的な立ち位置の人は叩かれやすい。


自分で選ぶメディア環境はTwitterやFacebookもそうだ。そこで政治的な発言をするタイプは、似た思想な人をフォローしフォローされる。知らぬ間に世間の多くが似た思想をしている・・それが正論であるかの錯覚を持ってします。

・・・それは右も左も同じ。


僕らはそこを理解しておき自分の軸をたまに確認しておくことは大事かなって思う。例えば好きな番組でも好きな評論家や尊敬する専門家の意見でも『意見が全て正しいことはありえない』・・・彼らを評価しつつも盲信してしまうのは危険だ。

堀江貴文さんとか大前研一さんとか(最近では落合陽一さん)とか・・・優秀な成功者のまわりには『成功したい人が集まる』・・・・彼らの意見は参考になる点も多く。凄いなぁ〜とは思うが、僕は彼らに『◯◯を教えて下さい』って問いかけ、その答えにスグに納得してしまう人達に危うさを感じることがある。

それなりに自分で考えてきた人なら、納得することもあれば異論を持つこともあるのが自然だと思う。違和感を持たないのはそれは知識や考えてきた経験が足りていないのだと僕は思う。



さて本題。僕は保守でもリベラルでもないと思う。

全体として。そしてそうやって人を『あの人は右翼だ。左翼だ』ラベリングしてしまう事の危うさもあると思っている。明らかにそっちの人もいるが、多くは保守的な部分もリベラル的な部分も併せ持つ。保守だと言われる安倍政権でも経済政策はリベラル寄りだったりする。

僕の場合は株式投資で生活しているので、その部分に関してはガチ資本主義の恩恵を受けている。が、贅沢を好まず自由を求めるタイプで、資産税などを導入して貧富の差が広がらないようすべきだと考えているのでここは左翼的な考え方だと思う (とはいえ相対的貧困ということより絶対的貧困を重視して底上げしようって感じだが)

自衛隊に関しても、憲法に明記すべきだと思うし集団的自衛権やテロ対策法なんかにも原則的には賛成なので、ここは右翼的に見られるかもしれない。ただアメリカの起こす戦争に参加しないようにしたいとも思っているので凄く右ってことはないと思う。


僕が保守的だと思う部分は『移民政策』・・・・ヨーロッパで移民が増え、イスラム教徒がマジョリティになってきていること。移民とそれによって失業したと考える人との軋轢なんかを見てると日本は移民政策を進めるべきでないと思っている。


皆さんには皆さんの考えがあるだろうと思う。僕は全般的には安倍総理を支持しているが、反対の政策もけっこうある。たぶん、是々非々で感じることが出来ることがバランスが取れている状態のように思う。

そして人を『ネトウヨだ』・『パヨクだ』と決めつけず(もちろんそういう人もいるだろう)・・・その人がそれぞれの政策でどう考えているのかにフォーカスして議論ができる人が増えればいいと思う。

 2030年の予想と目指すべき道3

つづき。

2030年の予想と目指すべき道1 - 伍流の思考

2030年の予想と目指すべき道2 - 伍流の思考



高齢化が今より進む2030年。AIやロボットが本格化し、格差が更に広がり社会は混沌とする。という予想をする人はけっこう多い。僕もそれを懸念している。だからこそ、考え方をかえていく必要があると思う。


全体としては『A:技術はドンドンと進歩する』、B:資本主義社会ではそれを資本家が独占しがちではあるがその流れを少しかえて『C:ロボット税』と『D:資産税』を財源に多くに分配される仕組み『F:ベーシックインカム』を導入すべきだという話をしようと思う。


A:技術はドンドンと進歩する。

昔は稲作農家には多くの人手を必要とした。今はトラクターや脱穀機など多くを機械に頼る。1人あたりの生産性は著しく向上した。その技術進歩は前進こそすれ後退することはない。石油やレアメタルの高騰などの影響は受けるが長いスパンで見れば、人間が1人生きていくのに必要な食糧・衣類などを生産する為に必要な人間の数はドンドンと減っていっている。

仮に現代の社会で、戦争が終わった頃、1950年頃の生活を国民全体が許容するとしたら、それほど多くのモノを生産する必要もないし、サービスを提供する必要もないし、飛行機もいらないし、食べていくだけなら国民1人あたり2時間も働けば十分ではないかと思う。

それだけ昔より生産性は上がっているはず。ただ今はそういう昔の暮らしには戻れない。ただこの先、もっと高い医療や技術を求めつつも、実のところ国民1人あたり5時間も働けばそこそこの生活は出来るのではないかと僕は思っている。それが実現しないのは資本主義によるものかなっていうのを次に説明する。


B:資本主義による富の偏り。

今まで100人の労働者が月収20万円で働き、衣料品あるいはパソコンなどのモノを作っていたとしよう。それが技術革新で労働者が20人で十分になった。機械のメンテンナンスなどで優秀な人がいるので月収は平均30万円に増やしたとしても人件費としては月2000万円から600万円に減る。現代の社会においてはそうやって減った分は競争により商品の値段が下がるなどしているが、それでも資本家の懐に入る分は多くなる。

もう1つの問題は、生まれた時からお金持ちの人。億万長者による運用と相続によって、お金持ち自体の数が増えていっている点だと思う。それはD資産税の話につなげたい。


C:ロボット税の導入(2023年頃から段階的に)。

Bで技術革新によって労働者が少なくて済む。という話をした。これから2030年にむけてAIやロボットの開発が進み、その流れは加速するだろうと予想されている。そうなった時にその恩恵を大きく受けるのは資本家や高度な技術を持った人が中心となる。僕はそれの半分くらを広く国民に再配分すべきだと考えている。

イメージとしては『1人の高齢者を支える現役世代の人数がドンドンと減っていく』という暗いイメージから、『その高齢者を現役世代とロボットが力を合わせて支えていく』という明かるイメージにシフトする感じ。


今まで100人の労働者が月収30万円で働いていたのが、ロボットの導入により10人でよくなった。優秀な人のみ残し月収は40万円に上げあのと90人はクビ。その浮いたお金を経営者や投資家が分配する・・・・これでは1人の高齢者を少しの労働者で支えるという今の懸念から抜け出せない。なので機械化などに税金をかける。上のイメージに近づける為に。

特にロボットと機械の境目が難しいのでラインを決めるのは簡単ではないし、他国との競争があるのでそこに日本だけ課税して国際競争力が維持できるのか??といった問題もあるだろうと思う。

ただし今のところロボット技術は日本が先行していると思うので、前半は開発を後押しする形で規制緩和をしつつ、徐々に導入するといいように思う。また日本は世界でも珍しく内需であるていど成り立つ国だろうと思うので、国内で決めても何とかなると思う。


D:資産税の導入。

昔は資本主義か?社会主義か?みたいな議論があり、資本主義は見事に勝利した。ただその資本主義も比較的に良かったから勝っただけで、副作用は当然のようにあるし、それが大きくなってきている。それが格差の拡大。そこには富の再分配が必要だと思う。

ただそれは簡単ではない。お金持ちや企業はあるていど国を簡単に移動できる。世界が企業や金持ちの誘致合戦をしている以上は日本も否応なくそれに巻き込まれる。

とはいえ日本は治安が良く住みやすい国だ。少しくらい税金が高くても日本に留まりたいって人は少なくないだろうし、日本の資産に少しくら税金をかけ富を再分配した方が、結果的に貧乏人が減って社会が暗くならず治安も悪化せずお金持ちにとっても悪い社会じゃないと思う。

東南アジアの格差社会は貧乏人を虐げて金持ちが存在するという側面があるが、日本の場合はそれほど顕著ではない。家事をメイドにしてもらっている家庭は少ないし、洗濯は全自動洗濯機といった技術に頼っている。

なので僕は資産税を導入したらいいと思う。例えば資産の年0.3%〜0.5%とか。普通に運用していたら減らない程度。それによってお金を溜め込んでいる企業が投資しようかって気持ちを少し後押しできればいい。

また現金の評価が100%だとしたら株式だと90%といった感じに割り引いていい。ただし資産は登録し年平均で計算するようにしないと、年末での評価にしてしまうと年末に株を大量に買って、現金をなくし、その後に売るみたいなことをされるので注意が必要だと思う。個人的には国民すべての資産を時価評価と共に登録するようにして、相続税などの計算も専門家がいなくても手間をかけずに納税できるようにした方がいいと思う。


F:ベーシックインカムの導入。

AIやロボット技術の発展により多くが失業する社会がくるかもしれない。少ない仕事を労働者が取り合えば賃金は低く留まる。そんな格差社会は世界を暗くする。それならCやDを財源(それだけでは足りないかもしれないが)にして、ベーシックインカムを導入して欲しい。国民が技術発展の恩恵をうけ、あるていど働いて楽しんだ方がいい。文化も発展すると僕は思う。